初心者や子供でも大丈夫! 飲みやすいグリーンスムージーはこうすればいい!

子供や初心者でも飲みやすいグリーンスムージ-を知りたくありませんか?

飲みやすいグリーンスムージーとは

⇒飲みやすいオススメの粉末グリーンスムージー

グリーンスムージーについてよくある質問に、「飲みやすいグリーンスムージーってないの?」「グリーンスムージーの味がだめ」「もっとおいしくならないの?」「グリーンスムージーを飲みやすくするにはどうすればいい?」と聞かれることがあります。

青汁ほど飲みづらくはないが、グリースムージーも野菜が入っていて、慣れるまでの間は青臭い感じがどうしても気になる人が多いのは間違いないです。

実は私もはじめはグリーンスムージーの独特の青臭さがダメだったんですよね。

体のためと思いグリーンスムージーをはじめたのですが、最初は試行錯誤して、自分なりの飲みやすいグリーンスムージーの形を探していました。

そのうちに、こうすると飲みやすくなるとか、おいしくなるという方法がわかってきました。

グリースムージーサークルのけいです。

私もそうでしたが、初心者のうちはグリーンの香りが気になる。美容のため・健康のため・ダイエットのため、人それぞれはじめた理由は違うでしょうが、グリーンスムージーは食べ物なので、毎日続けないと意味がない。

そこで、私なりに試行錯誤して実践したグリーンスムージーの飲みやすい方法を紹介しますね。

 

グリーンスムージーが続かなかった理由

グリーンスムージーが続かなかった理由

出典:クックパッドグリーンスムージーに関するアンケート

 

アンケートで「グリーンスムージーが続かなかった理由」というのがあるので紹介します。1位は王道の野菜を揃えるのが面倒という理由。

2位が作るのが面倒だから。そして、グリーンスムージーを辞めた理由の3位が「おいしくなかった」と「おいしくなさそう」という理由。

 

1位と2位はわかるのですが、3位に「美味しくない」と「美味しくなさそう」という意見が多いのにビックリしました。

もっと少ないと思ってましたが、私のように緑の葉野菜の味が少し苦手という人も多いようですね。

 

この結果からわかるのは、飲みやすいグリーンスムージーを探しているのは私だけではないってことでしょう。

では、私が実際どのような飲みやすいグリーンスムージーにたどり着いたか説明していきます。

 

飲みやすいグリーンスムージーとはどんなものか?

グリーンスムージー

飲みやすいグリーンスムージーとは、苦味やえぐみなく野菜ジュース感覚で飲めるグリーンスムージーではないでしょうか。

それなら野菜ジュースを飲めば解決すると思われますが、グリーンスムージーと野菜ジュースは似て非なるものです。

 

なぜなら、野菜ジュースは飲みやすさを追求しているので、肝心の食物繊維が取り除かれています。これでは、折角のデトックス効果も得れなくなってしまいます。

 

グリーンスムージーを野菜ジュースのように飲みやすくするには、野菜ジュースのように糖分を高くすると、単純に飲みやすいものにはなります。

しかし、これを砂糖で糖分を上げてしまうと、ダイエットをするのを目的としている人からすると邪魔になる存在です。

 

何個か方法はあるので紹介すると、グリーンスムージーを作るときに、緑の葉野菜と果物の比率を変え糖分を上げる方法が一つ。

砂糖の代わりにはちみつなどを使う方法が一つ。水を使わずに牛乳や豆乳を使い野菜の味を隠す方法一つとなります。

 

では、一つ一つ紹介していきます。

 

野菜とフルーツの比率を変える

果物

グリーンスムージーがまずくなる理由の一つとして、緑の葉野菜と果物の比率があります。極端な話を言うと、緑の葉野菜100%なら青汁と同じです。

逆に果物100%だとミキサーで作る手作りフルーツジュースです。どちらがおいしいかというと、子供も喜ぶフルーツジュースになりますよね。

 

飲みやすいグリーンスムージーを作るためには、フルーツの比率を野菜より上げてあげる必要があります。そのときのポイントして、なるべく甘い果物を使うと、より飲みやすくなります。例としてあげると、バナナ・リンゴ・柿・梨・洋梨・メロン・マンゴー・スイカなどです。

少し裏技になりますが、ドライフルーツを入れると甘味はアップします。

 

グリーンスムージーには大きく分けて、ビギナースムージー・スタンダードスムージー・アドバンスドスムージー・スーパーグリーンスムージーの4つのスタイルがあります。それぞれによってレシピが変わります。

栄養や体のためと言えど、初心者がいきなりスーパーグリーンスムージーを飲むのはハードルが高過ぎる。

 

はじめはビギナースムージーからがオススメ。

 

ビギナースムージー
ビギナースムージー

ビギナースムージーとは、緑の葉野菜20%に対し果物80%を入れるグリーンスムージー。

果物を多く入れることにより、果糖が多くのなるので子供でも飲みやすいのが特徴です。これが飲みやすいグリーンスムージーとなります。

 

スタンダードスムージー
スタンダードスムージー

よくグリーンスムージーのレシピに載っているのが、このタイプのスタンダードスムージーになります。緑の葉野菜40%に果物60%。

一般的なグリーンスムージーですが、少し青臭い感じが残っていたりすます。

 

アドバンスドスムージー
アドバンスドスムージー

アドバンスドスムージーは、慣れた人用のグリーンスムージーとなります。緑の葉野菜60%に果物40%。いきなりここから入ると、「グリーンスムージーってまずい」ってなりますよ。

毎日飲んでる人が作るレシピを聞くと、だいたいこの辺りのを言ってくるので、注意が必要です。

 

スーパーグリーンスムージー
スーパーグリーンスムージー

ハッキリ言って、スーパーグリーンスムージーは、私自身もまったく飲めません。緑の葉野菜80%に果物20%。かなり青臭いです。

 

砂糖の代わりにはちみつを使う方法

はちみつ

本来、グリーンスムージーは緑の葉野菜とフルーツと水だけで作るものですが、糖分を増やしてあげると飲みやすくなるのは間違いありません。

しかし、砂糖を使うとカロリーの問題もありますし消化も悪くなるので避けたいですよね。それならハチミツを使えば、栄養価も高く消化吸収も早い。

 

グリーンスムージーは、フルーツの吸収の良さと消化の速さに、緑の葉野菜のクロロフィルなどの栄養素が手軽に摂れるのがメリットの食べ物。

それなら、消化の良いものを足して甘味を出してあげるだけで、飲みやすいグリーンスムージーの完成です。

 

ここで注意して欲しいのが、かなり甘味の強いハチミツは、栄養価も高いですが、入れ過ぎるとカロリーも高くなります。

自分の想像するより少なめに入れて調節するようにしてくださいね。甘味もをある一定を越えると不味くなるので、絶対に入れ過ぎ注意です!

 

使用するハチミツはこれで大丈夫

ハチミツと一言で言っても、メジャーなレンゲはちみつだけでなく、アカシア・トチハチミツ・みかん花ハチミツなどありますが、それ以外にもまだまだハチミツの種類はあります。

グリーンスムージーに合わせるハチミツは天然ものであれば、安いもので十分です。

 

おすすめはレンゲハチミツ。値段も安く栄養価も高く、どこでも手に入ります。アカシアは多少値段が上がりますが、品質が良くて使いやすいタイプで。

もし、お財布に余裕があるなら、話題のマヌカハニーを選んでみてはどうでしょうか?

 

グリースムージーに使うのは、クセをなくすために使うだけなので、1回に小さじ1杯分も使いません。それくらいなら、多少奮発しても、そこまで影響することはないですよ。

ちなみに、私は全部試してみた結果、アカシアを使うことが多いですね!

 

少しハチミツを足すだけで、甘くておいしい仕上がりになるので、飲みづらいと感じたら試してください。

 

禁じ手の牛乳と豆乳を使う!

グリーンスムージーに豆乳や牛乳などのたんぱく質を使うのNGと言われています。これは消化吸収率を上げるためですが、その前においしいグリーンスムージーじゃないと続かない。

そうなると、セオリー通りを無視してでも使いたいものが出てきます。

 

それが、水の代わりに牛乳や豆乳を使うことです。これにより青臭さが抜けて、かなり飲みやすいグリーンスムージーに変化します。

どうしても臭いが気になるという人は試してみてください。当然のことですが、カロリーも上がりますし、消化吸収も悪くなりますが、濃厚タイプにしたいなら豆乳。

マイルドな飲み口にしたいなら牛乳がおすすめですよ。

 

青臭いにおいが気になる私もたまに使ってますので、是非参考にしてみてください!

 

飲みやすい粉末グリーンスムージーを使う

冒頭で説明した、グリーンスムージーが続かない理由の「野菜を揃えるのが面倒」とか「作るのが面倒」という人には、粉末のグリーンスムージーがおすすめです。

なぜなら、粉末に水を混ぜるだけなので、材料をストックする必要もないですし、作るのもすごく簡単です。

 

消化吸収に負担を掛けないというより、栄養素を体内に摂り込むのをメインとしています。すると、飲みづらくなる水を使わないでも、豆乳や牛乳を使ってもデメリットはありません。

カロリー計算さえしっかりしていれば、自由になる範囲が広いのも粉末グリーンスムージーの特徴です。

 

何より、生のグリーンスムージーに比べて、味が断然美味しくなります。

もし、手軽に作れて飲みやすいグリーンスムージーを探しているなら、粉末グリーンスムージーがおすすめです!

 

グリーンスムージーサークルけいのオススメの粉末グリースムージーは2種類です。濃厚な味が好みの人には、グリーンベリースムージー

サラッと飲みたい人にはミネラル酵素グリーンスムージー

どちらから迷ったら1杯あたり80円でコストパフォーマンスも良いミネラル酵素グリーンスムージーがおすすめですよ!

 

 

まとめ

如何でしたでしょうか? 飲みやすいグリーンスムージーと言えど、特別なことは何もしてないですよね。

かんたんにまとめると、飲みやすいグリーンスムージーにするには、大きく3つの方法があるということです。

 

  1. フルーツの比率を上げてあげる。
  2. ハチミツなどで糖分をプラス。
  3. 牛乳や豆乳を使うことで青臭さや飲みづらさを解消。

 

これをするだけで、味は劇的に飲みやすくなるので、グリーンスムージーをより続けやすくなるはずです。

それでも、野菜や果物を揃えたり、ミキサーを出して作るのが面倒で続けられないなら、

粉末グリーンスムージーを使ってあげると、お財布にも優しく、おいしくグリーンスムージーを飲むことができます。以上、グリーンスムージーサークルのけいでした。

 

圧倒的人気のグリーンスムージー

関連記事

NO IMAGE

果物の皮や種を使ったグリーンスムージーで栄養がUP!

NO IMAGE

グリーンスムージーの好転反応!頭痛・吐き気・倦怠感が起こる?

NO IMAGE

グリーンスムージーの作り方、棚の奥に眠っているミキサーを出して作ってみよう!

ハンドブレンダーでグリーンスムージーが作れる

ハンドブレンダーでグリーンスムージーを作る【ミキサー要らずで超かんたん】

甘いグリーンスムージーに飽きた

甘いのに飽きたら、甘くないグリーンスムージーでスープ風にアレンジ!

NO IMAGE

グリーンスムージーは作ってすぐに飲まないといけないの? 作り置きはNG?