グリーンスムージーで使う緑の葉野菜の洗い方と保存方法

緑の葉野菜

グリーンスムージーで使う緑の葉野菜をうまく扱うことで、グリーンをより長持ちさせ、新鮮な野菜の栄養素を体内に摂取するためのコツを解説します。保存方法や洗い方で、同じグリーンスムージでも、よりおいしく飲めるようになります。

 

 

野菜の洗い方

野菜を袋から出すと、まずは流水で根の方から洗い流します。根は土がついていることがあるので、丁寧に洗ってあげるのがコツです。グリーンの葉は、傷つきやすいので、やさしく洗います。

 

根が硬い場合や根の辛味が苦手な人は、茎の部分を包丁でカットして料理などに使うようにし、葉っぱの部分だけをグリースムージーに使うようにしてください。

 

生で野菜や果物を楽しむグリーンスムージーは、残留農薬やワックスの問題もあるので、流水で30秒以上。それにプラスして重曹を使って洗ったり、野菜を洗う専用のものを使うと、より安全に楽しめます。特に、妊娠中はリステリア症なども心配ですから、より慎重に洗ってください。

 

 

 



グリーンを元気に復活させる方法

緑の葉野菜だけに限らず、しなっとした野菜を復活させるには、ボールなどに水をためて、野菜を浸けておくと、水分がいきわたりシャキッとします。どうして水にさらすと良いかというと、葉から水分が飛んでいってしまってるからです。

 

野菜のよれが強い場合は、冷水に浸すと、元に戻る率が高くなります。

 

水に浸すと苦味などのアクも少なくなりますので、グリーンスムージーに使うと、飲み口がまろやかになる傾向があります。

 

 

緑の葉野菜の保存法

緑の葉野菜の保存方法は、洗ったら水気を切らず、そのままキッチンペーパーなどにくるみ、ポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で立てかけてあげるように保存するのが良いです。

 

昔であれば、新聞紙に包んで、風通しの良いところで保存をしていたこともありますよね。実は、野菜によっては冷蔵庫に入れない方が長持ちする野菜もあります。グリーンスムージーで使う食材で言えば、きゅうりなどがそれにあたります。

 

グリーンスムージー的な考え方だと、きゅうりは甘くない野菜に入るので、緑の葉野菜ではないですが。

 

大葉や万能ねぎは、かなり水分を残したまま、冷蔵庫の野菜室で保存する方が長持ちします。

 

関連記事

腸内環境

3分でわかる!グリーンスムージーで腸内環境が良くなるのはなぜ?

NO IMAGE

グリーンスムージーで体臭や口臭を撃退、食生活でこれだけ変わる!

NO IMAGE

アルカロイドが危険? グリーンスムージーの緑の葉野菜はローテーションが必須!

NO IMAGE

おいしいグリーンスムージーの基本レシピ

グリーススムージーとスムージーの違い

【スムージーとグリーンスムージーの違い】ネコでもわかるように解説

NO IMAGE

体を疲れさせないグリースムージー、酵素を摂るとなぜ良いのか?