おいしいグリーンスムージーの基本レシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グリーンスムージー

グリーンスムージを作ってみたがまずい。よく聞く話ですよね。はじめから緑の葉野菜を多く入れ過ぎたりすると、青汁の味に近くなって、飲みづらくなってしまいます。慣れないうちは、無理をしないで、おいしいと感じる味ではじめないと、そもそも続きません。

 

そこで、基本となるグリーンスムージーのレシピを紹介しておいしく飲めるコツを紹介していきたいと思います。

グリーンスムージーの基本レシピ

グリーンスムージーレシピ

グリーンスムージーをおいしく飲むコツは、緑の葉野菜の量とフルーツの比率です。もちろん、グリーンを増やし過ぎると、青臭くなります。逆に果物の量を増やすと、甘くて飲みやすくなります。

 

初心者におすすめのレシピは、フルーツ8に対して、緑の葉野菜が2です!

 

慣れてきて、中級者くらいになると、フルーツ6に対して、緑の葉野菜4。

 

これが基本のグリーンスムージー黄金比率と呼ばれるもので、初心者から上級者まで楽しめる野菜と果物の比率になります。

 

例 基本となるレシピ

 

みかん2個

バナナ1本 or リンゴ1個

ほうれん草 or 小松菜 1/4パック

水 200cc

 

 

リンゴ1個

バナナ2本

ほうれん草 or 小松菜 1/4パック

水 200cc

 

果物の大きさ、緑の葉野菜の量は、季節や店によって変わるので、うまく調節してくださいね!

 

バナナはバナナスタンドなどで十分熟れさせてから使うようにすると、よりグリーンスムージーがおいしく楽しめますよ!

 

 

スーパーグリーンスムージーに挑戦

緑の葉野菜

上級者になってくると、グリーンの量を増やしたいという欲求がでてくることもあるでしょう。4:6の比率を逆にひっくり返して、緑の葉野菜6に対して、フルーツを4に減らし、野菜の量を増やすと、より一層クロロフィルなどの栄養素を多く摂取できることになります。

 

そして、初心者におすすめしたグリーンスムージーの比率の逆となる、緑の葉野菜を8に対して、果物を2にするスーパーグリーンスムージーと呼ばれるものもあります。

 

かなり上級者向けとなりますが、栄養をより多く摂取したい人は挑戦してみてください。私も何度試しましたが、スーパーグリースムージーは、かなり青臭さがあり、一気に飲みづらくなります。

 

 

まとめ

グリーンスムージーを続けるには、おいしく飲むのが1番です。黄金比率はあくまでも目安なので、自分にあう比率を探し出して、おいしいと感じるギリギリのところで飲むのがベストです。あと、フルーツによって甘さも違いますし、甘くないフルーツを使って、スープ感覚で楽しむこともできます。

 

季節の野菜や果物を使うと、お財布にも優しいですし、おいしくグリーンスムージーを飲むことができますよ!

 

 

▲ページトップに戻る